光回線の基礎知識

IPv6とは?PPPoE・IPoE・IPv4 over IPv6(v6プラス)を分かりやすく解説

更新日:

IPv4よりIPv6に接続すれば速度が速くなるって聞いたんだけど

そもそもIPv4とかIPv6って何?

 

IPv6を簡単に言うと新しい通信方法の1つです。

 

今までは、IPv4を利用しネットに接続していましたが、インターネットが普及したことにより

利用者が多くIPv4だと混雑し速度が遅くなることがあります。

 

もちろん速度が遅い原因は、他にもありますが

IPv6を利用すると速度の改善が期待されるようになり、速度が速くなると言われていますが

イメージとしては

  • IPv4:混雑した一道路を通る
  • IPv6:高速道路を通る

というような感じです。

 

ただIPv6を利用するだけで速度が改善されるわけではないので

この記事ではIPv6についてと

  • PPPoE
  • IPoE
  • IPv4 over IPv6

の違いについて超簡単に分かりやすく解説していきます。

実際には、ベストエフォートと言い、利用環境によって速度は変動するので 必ずしも速度が速くなるわけではありません。

 

IPv6とは?

正式名称はインターネット・プロトコル・バージョン6(IPv6)で

簡単にまとめると

  • IPアドレスが事実上無限にある
  • 通信方式が増えた!

 

ただ利用できるIPアドレスの数が増えただけでは、通信速度の改善にならず

通信方式が増えたことにより、通信の混雑が解消され速度が速くなると言われています。

 

IPv6のIPアドレスについて知りたい方はコチラ

インターネットに接続されたパソコンやスマホには、IPアドレスといい識別番号(ネット上の住所みたいなもの)が

プロバイダから割り振られます。

今まではIPv4(バージョン4)のIPアドレスで私たちはネットに接続できていました。

しかしIPv4のIPアドレスの総数は約43億個で

ネットが普及したことによりで不足している状態です。

IPアドレスが不足すると、新たに利用する方にIPアドレスを割り当てることができないので

多くのIPアドレスを使用できるように新しくIPv6という通信ルールを作り

IPv6のIPアドレスは約340澗(かん)個あり事実上無限と言われる数のIPアドレスが使用できるようになりました。

IPv6とは

  • IPアドレスのバージョンのこと
  • IPv6のIPアドレスは事実上無限と言われる数がある

実際にIPアドレスが増えただけで速度が改善することはありませんが、IPv6には利用できるIPアドレスが増えたほか

3種類の通信方式が利用できるようになりました。

IPv6には3種類の通信方式がある

IPv4だとPPPoE接続しかできなかったのですがIPv6の通信方式は

  • PPPoE
  • IPoE
  • IPv4 over IPv6(v6プラス)

3つが利用できます。

 

ネット接続を快適にするにはIPv4 over IPv6接続をするのがおすすめです。

 

ちなみにv6プラスはサービス名称になるので、他には

  • transix(トランジックス)
  • IPv6オプション(ビッグローブ)
  • IPv6高速ハイブリッド(ソフトバンク)

がありますが、通信方式はIPv4 over IPv6でv6プラスと、ほぼ同様のサービスになります。

 

ただv6プラスが一番普及しており名称としても認知されている為

この記事では分かりやすくIPv4 over IPv6をv6プラスと表記しています。

 

3つの通信方式の特徴を、これから解説していきます。

IPv6 PPPoE

IPv4ではPPPoEしか利用できませんがIPv6でもPPPoEは利用できます。

 

PPPoEは、従来からある通信方式でトンネル方式とも呼ばれており、初期設定で認証IDやパスワードの設定が必要です。

非常に混雑する網終端装置を経由しプロバイダも経由する為、IPv6のPPPoE接続をしても

速度は速くならず、IPv4と同じ仕組みでIPv6対応のWEBサイトが見れるようになるだけです。

 

その為、光回線でIPv6対応済み!と書いてあってもPPPoEにしか対応していないプロバイダもあるので注意が必要です。

IPv6 IPoE

IPv6 PPPoE

IPv4では利用できないIPv6 IPoE接続ができ「ネイティブ方式」とも呼ばれます。

 

IPoEで接続するとIPv6に対応したいサイトであれば混雑する網終端装置は経由せず

プロバイダも直接経由しないのでスムーズにIPv6のサイトを見ることができます。

 

ただ1つデメリットがあり、IPv6とIPv4は互換性がないので

IPv4しか対応していないサイトであれば、IPv4はPPPoE接続になるのでスムーズに見ることはできません。

 

簡単に言うとIPv6 IPoEに対応していても

  • Google検索は速い
  • ネットショッピングは今までと速度が変わらない

このような感じです。

 

ちなみにIPv6対応サイトは

  • Google
  • YouTube
  • Netflix
  • Facebook
  • Instagram

などがありますが、IPv6に対応したWEBサイトは非常に少ないです。Amazonなどのネットショッピングなども未対応です。

画像を作成する時などに便利なCanvaはIPv6対応済みでした!

 

その為、グーグルで検索したりインスタを閲覧する時は、IPv6 IPoEで接続すると速度が改善されることを実感できるかもしれませんが

ほとんどのサイトがIPv4サイトなので、IPv6 IPoEではあまり実感できないことが多いです。

 

じゃあIPv6 IPoEにする意味がないよね?
次に説明するIPv4 over IPv6にすれば速度が改善される可能性があるよ!
達人

IPv6 IPoE IPv4 over IPv6

IPv4 over IPv6は、PPPoEとIPoEのデメリットを解消できるようになり

IPv4のサイトを見ていても網終端装置は経由せず、直接プロバイダを経由することはないので

速度が速くなります。

 

何でそんなことが出来るの?

IPv4のサイトを閲覧していても、基地局を通る時に、IPv4 over IPv6のカプセルを被せて通る感じになるので

IPv4のパケットデータをIPv6に自動で変換し、網終端装置などを経由せずに

スムーズにサイトが閲覧できるようになります。

 

先ほども伝えたように光回線によってはIPv4 over IPv6を

  • v6プラス
  • transix(トランジックス)
  • IPv6オプション(ビッグローブ)
  • IPv6高速ハイブリッド(ソフトバンク)

などと呼ぶことがあるので、契約する前にIPv4 over IPv6に対応したプロバイダか確認しましょう。

IPv6を利用するには?

IPv6(PPPoE・IPoE・IPv4 over IPv6)を利用するには対応した

  • プロバイダ
  • HGWか無線ルーター

 

が必要です。

 

対応しているプロバイダやHGW・無線ルーターはコチラで紹介中

 

既に対応したプロバイダやHGW・無線ルーターを利用している人は

IPv6に設定を変更しましょう。

IPv6を利用できているかどうか確認しよう!

既にIPv6を利用している可能性もあります。

コチラのサイトにアクセスし確認してみましょう!

IPv6を利用しているか確認する

 

IPv6のまとめ

IPv6とは通信方式のことで

  • PPPoE
  • IPoE
  • IPv4 over IPv6

 

の順に速度が速くなるので、IPv4 over IPv6で接続するのがおすすめ

(IPv4 over IPv6はv6プラスなどと呼ばれることもあります)

 

IPv4 over IPv6に対応しているプロバイダやHGW・無線ルーターはコチラで紹介中

 

 

このカテゴリの関連記事

 

おすすめの安くて速い光回線

ドコモ光は人気の光回線!プロバイダはGMOがおすすめ

業界最安値のソネット光プラス

  • 月額料金が工事費込みで1980円台から利用できる
    戸建て:2980円 マンション:1980円
  • auスマートバリュー対応
  • 工事費実質無料キャンペーン中
  • セキュリティソフトが永年無料
  • v6プラス対応

ソフトバンク光-安くて速い!高額キャッシュバックが最大33000円

  • おうち割で毎月最大1000円割引
  • 家族のスマホも最大10回線まで割引
  • v6プラス対応で速度が速い
  • 他社の違約金を最大10万円まで負担
  • オプション加入は不要で最大33000円キャッシュバック

-光回線の基礎知識
-

Copyright© やさしい光回線 , 2020 All Rights Reserved.